1_obi.jpg

先進のデジタル技術を駆使

ヒラミヤでは新たなものづくりへのアプローチとして、 3D技術をいち早く業務に取り入れ、正確かつ高効率な製造プロセスを追求しています。
​先進技術の導入により、多くのメリットを得ることができます!

空間をデジタルデータで保存

半径10mの測定範囲で誤差1.5mmの正確なデータを作成できます。また、最新の状況を測定するので、既存の現場図面作成後に追加された設備などがあった場合も位置や大きさを正確に把握できます。

コストの削減

少ない人工で測定実施が可能な上、正確なデータに基づいて金物製作を行う ので、現場合わせの最終加工が不要で、廃材や余りが出ないのでコスト削減が可能です。

工程の大幅短縮

全ての工程が3Dモデリングデータのやり取りのみで完結ができるようになります。企画・デザイン~部品製作~施工まで の工程が従来の1/2に工期短縮することも可能です。

1_img02.jpg

高性能3Dスキャン

従来の方法では困難だった高い精度で現場の測定・作図が可能になりました。また測定漏れによる再測定がないので、時間やコストのロスを防ぐことができます。

3Dスキャナー:
FARO FoucusX130
Ein Scan-PRO
FARO FoucusX130/FreestyleⅡ

アルゴリズミックデザイン

三次元曲面からポリゴン化を行う工程を「アルゴリズミックデザイン」と呼び、専用のソフトとプラグインを使用して変換・デザインを行います。三角形のポリゴンに変換された平面パーツから空間や什器などの立体物を製作します。

1_algo.png

ソフトウェア(3D Modeling):Geomagic DesignX

1_img03.jpg

3DCAD

3D CADでの設計により、不整合が起きている箇所や不具合を見つけることが容易に。デザイナーや設計者の方とは、3Dモデリングデータでやり取り を行うことができ、2D図面への反映や、変更箇所の確認もスムーズに行うことができます。インテリア装飾金具から工業製品まで、3DCADを積極的に取り入れています。

ソフトウェア(3DCAD):
Rinoceros
Autodesk Revit
Solid Works
Sheet Works
Mata CAM V-Seven
AP-100
Sheet partner

3Dシミュレーション

  • 機構設計構造において3DCADデータを使い、歪・たわみ・強度など定量的に確認出来る

  • パースやデザインを受け取り、製作の前に3Dシュミレーションを行うことで、事前に懸念される点が問題ないのかどうか検証が出来る。

  • 元々のデータを使い、強度は保持しながら軽量化やスマートなデザインに変えて行くことが可能である

1_products-simulation-validation-prototype-test-hero-002.jpg

ソフトウェア:Solid Works Simulation

3D技術に関する最新レポートをブログ形式で発信しております
今後もヒラミヤの技術革新にご期待ください!